【39歳のハイリスク出産】産める病院が見つからない!? 

39歳の出産で、初産、しかも高血圧持ちという出産するには、ハイリスクな私。

ハイリスクの高齢出産の妊婦生活は、初めの病院選びから大変でした。

受け入れてくれない・・

「自分は普通の妊婦じゃないのか。。。」と初期は凄く落ち込んだものです。

妊娠してからを振り返ってみます。初めの頃は自分のハイリスクさを甘く見ていました。

スポンサーリンク

妊娠後、最初に行った個人クリニック

妊娠検査薬で「陽性反応」が確認出来ても、病院でちゃんと見て貰わないと安心出来ないですよね。

うちの近くの産婦人科は、地域密着型の個人クリニックでHPで見ても安心出来そうだったのでそこに行こうと予約しました。

とっしにも来てもらいたかったので、土曜日の予約となると約2週間後になってしまう。それでも予約して行きました。

でも結局そこでは超音波検査、妊娠判定はして貰えませんでした。

当時はショックで・・・・・泣きました。

原因は、あっこの身体はハイリスクの塊だったからです。

  • 中学1年の時に腎臓の病気にかかり、15年間通院。その後11年間は治療を中断していた
  • 5年前から高血圧を発症、経過観察中(薬は飲んでない)
  • 39歳という年齢(高齢出産になる)

・・・こんな身体でも妊娠出来たけど(笑)

初め行ったここの産婦人科はそういったハイリスク出産に対応していないようで、

「最初から設備が整った大きい病院に行った方がいい」と先生から話をされました。

はい。話だけです。

通常行われると思っていた「超音波検診」をして貰うことが出来ず、その日は妊娠の確認は出来ませんでした。

妊娠しているか不安で見てもらいたかったのに・・あんまりですよね。

でも、流産のリスク、出産のリスクをよく知るようになって、個人のクリニックでハイリスク出産を受け入れることは、設備的にも人員的にもとてもできないし当然、と今は納得しています。

ハイリスク出産は、初めから大きな病院に行きましょう!!

紹介して貰った2つめの病院

その先生から紹介して貰った大きい病院には、3日後に行きました。「ハイリスク出産に対応している」と評判の病院でした。

初診は予約できないため、予約なしで行ったので、ちょっと待たされましたけど・・2時間ほど。

でも最初に先生とお話しして、やっと超音波検査して貰えたんです!やった♪

そこで言われたのが

「確かに子宮の中で妊娠してますね」

でした。

・・・あれ?

それだけ?結構あっけないんですね・・・

「おめでとうございます」って言われないものなの?ドラマの見過ぎかな・・

はぁ、、、言ってほしかったよ~

他にも何か言われたかもしれないけど、その時は「子宮外妊娠」じゃなかったことと、ちゃんと妊娠が確認出来たことでホッとしたのが先にあってよく覚えていないです。

今思い出しても「おめでとうございます」を言われた記憶がないんですよね・・・

まだ8~9ミリの胎嚢の状態なので、予定日の確定は出来ないとか。

後から計算すると、その時点で妊娠7週になっていました。

 真ん中の白い塊が赤ちゃんなんですよ~

予定日が判明!しかし・・・3つめの病院

3週間後にまた行って、予定日が【2018年1月8日】と判明(確定?)しました!

しかし。

腎臓病がまたネックに(;;)

腎臓内科がある総合病院で、妊娠と腎臓と両方を見て貰った方がいいと。

で紹介して貰ったのが、ハイリスク妊婦のみ受け入れている都立の病院でした。3つめの病院・・

ハイリスク出産だけを受け入れている病院ですから、最初から行っても門前払いになってしまうので、紹介状をもらうステップは必要だったんですけど・・

そこは紹介状がないと予約が取れない・初診の予約が取れるのが2か月先になる待ち具合。

どんだけハイリスク出産多いんだ!?

3つめの病院の方の予約が取れて、転院するまではこちらの病院で検診を続けていきましょう

と、しばらく2つめの病院でお世話になりました。

若い妊婦さんは、そんなことないかもです。

ハイリスク出産になるあっこは、結局、3つめの病院に最初に行った時点で妊娠16週になっていました。

つわりの苦しさより、「あなたはよりリスクが高い妊婦だから、うちでは対応できません」と

病院を変わらなきゃいけない現実は、苦しかったですね・・・

スポンサーリンク

ブログランキング参加中
↓応援のクリックうれしいです(^^♪

にほんブログ村 子育てブログへ

記事が面白かったらシェアしてね(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加