パートや派遣社員だからこそ育児休暇を1年以上取る

育休

2017年12月28日、パートしている会社の年内の最終営業日でした。

12月29日~1月3日まで会社休み。

1月4,5日は、有給休暇。

1月6,7日は、土日。

1月8日から育休の予定で、育休前さいごの日の話です。

スポンサーリンク

1年以上育休取れる職場ってどんな所なの?

とっしがどんなところでパートしているか、ちょっと書きますね。

いわゆる事務職です。時給は、1,400円。

音楽関係のデータをパソコンで打ち込む仕事。

とっしのいる部署は、全部で25人。

社員は女性のみで9人。残りがパートです。男性はとっし含めて4人。

チームが2つに分かれていて、とっしのチームは8人です。

仕事内容がデータ打ち込みですから基本しゃべりません。

周りは女性が多いですししゃべっていることも多いので(仕事の話ね)、しーんとはしてないですけど。

とっしはしゃべらないので、朝の「おはようございます」と帰りの「おつかれさまです」の2言だけが発声という日も多し。

子育てしているパートさんも多く、育児関係の急な休みなどには寛容です。

育休を1年以上取る予定だと伝えたときもスムーズに話は進みました。

ただし、8人でやってたところを1人抜けて7人でやるわけですから、チームの人は大変でしょうけど・・

育休取れない現実って?

育休取るのって、国の制度上は絶対取れるのですが、実際問題取れない場合多いのは人が抜けられては業務が回らなくなるからでしょうね。

プロジェクトリーダーなんて立場だったら、ちょっと無理ですよね・・

しかも、育休って3ヶ月とか長くて1年なので、代わりの人採用というのも難しい。

結局、あきらめる・・・のが現実でしょうか。

とっしも会社員だったら取ってないかもしれないですし。

学習塾の自営業続けていたら、育休制度ないし。雇用保険ないので。

↑そもそも続けていたら、あっこと出会っていない!!

パートだから育休取れてベストだったって、なんか皮肉な感じです。

あっこも派遣だからこそ、すんなり産休⇒育休⇒育休延長で1年以上取れる。

社員だったら女性の場合、育休というより、退職って形になってたかも。

1年以上の育休中、金銭的にもパートや派遣社員でも何とかなります。

夫婦2人共に育休を1年間取っても年間の収支がプラスになる条件 | シンプルライフの家計簿
夫婦そろって1年間給付金だけで生活する場合の収支をシミュレーションしてみます。夫婦ともパートや派遣でも年間収支プラスになりますよ!!今回のケースは、 ママは、育児休業給付金をもらえる パパは、出産日から育休です。ママが専業主婦や退職する

女性のおかしを配る習慣

ところで、

とっしが今まで働いたのは、自営は別として、

宅配の仕事だったり、

深夜の牛丼屋での仕事だったり、

男の職場でした。

おかしを配る習慣なんぞありません!!

今の職場は女性が多いので、どこどこへ行ってきました~おみやげです~的なおかし配りが頻繁です。

異動や退職のときもそう。かならず菓子折りです。

一応、とっしも菓子折り準備しました。

でも、今日わたせるかな???

できることなら、静かにフェードアウトしたい。

夕礼があるので、そこで挨拶どうぞ!とかなりそうだし・・

人見知りにはつらいんです。

男で菓子折り渡す習慣ない&人見知りのWパンチです。

どうなるかな・・空気読んで大丈夫そうなら渡さず家で自分で食べます。

結果:渡せました!!!

スポンサーリンク

ブログランキング参加中
↓応援のクリックうれしいです(^^♪

にほんブログ村 子育てブログへ

記事が面白かったらシェアしてね(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加