世の中のパパになる男性に言いたい!!妊婦の地味なつらさ

妊娠34週も半ばの頃の話。

その頃の週では、ひじょ~に腰・足の付け根が痛かったです。

よく聞く「妊娠のマイナートラブル」なんだと思いますが、いやこれが結構キツイ!

あっこの場合、足の付け根というよりは「左のお尻の真ん中がつる」ので、歩けないぐらいなんです。

こういう方、結構いますよね?

男の人には分からないのですが、

スポンサーリンク

妊婦のつらさは地味すぎて、見た目では理解されない

色んな妊娠に関する本やネットを見ると、

「赤ちゃんの成長と共に子宮が大きくなると、内臓が圧迫されて色んな症状が出る」

なんてありますが、内臓のことなので周りには分からないですよね。

見た目でツラいのが分かる酷いつわりと違って、見た目には健康的な妊婦に見えることもある。

でも実は、じみ~にツラいんですよね。。。

あっこは元々腰痛持ちだし、生理痛と言えばお腹より腰が痛くて、動けなくなることもしばしばありました。

だから、足のつりも経験したこともあるのですが、如何せん理由が違う。

妊婦のつらさはまた別なんですよね・・・

歩けないのを頑張って歩こうとするので、足をくじいた時みたいに引きずって歩きます。

座ってからの立ち上がりも、非常にキツイ。

思わず「いたっいたっいたたたっ!」と声を出してしまうけど、まわりはどうしようもない。

すくすく育ってくれてる赤ちゃんのそばで発生する地味な痛みと戦う日々。

痛みを軽くするための補助(骨盤ベルトとかね)は出来ても、無くすことは出来ない。

お腹を痛めて産むって、妊娠中からのことを言うんだね。

陣痛の痛さだけじゃなく、こういった子宮が圧迫することで起きるトラブルも含めてなんだ。

世の中のパパになる男性に言いたい

確かに寝ること多くてダラダラしているように見えるのかもしれない。

見た目からは元気に見えるかもしれないけど、体内での妊婦としての仕事は24時間休みなく続いている。

人に言えない、言ってもどうしようもないことの方が多い。

頑張りたくても頑張れない日もあるんだよ。

そんな時の夫のサポートが、何よりも嬉しいんだ。

とっしは元々無口な方なので、言うより先に行動してくれます★

でも時々「嫁が妊婦」だということを忘れてるような、ちょっと傷つく発言が

あるのが玉にキズ。

もうっ

スポンサーリンク

ブログランキング参加中
↓応援のクリックうれしいです(^^♪

にほんブログ村 子育てブログへ

記事が面白かったらシェアしてね(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加