【妊娠するまでの道のり ②】タイミング法の連続失敗で夫婦崩壊!?

不妊症専門クリニックでの不妊治療セミナーでの話を聞いて強く意識したのは、

「まだ自然妊娠の可能性はある」

ということでした。

不妊治療は、最終手段だと。

なのでまず、「排卵日に合わせたタイミング法」を続けることにしました。

でもこれが、意外と難しかったのよね。。。

スポンサーリンク

タイミング法とは?

妊娠しやすい排卵の時期に夫婦生活をする方法。

あっこがしたのは、基礎体温を毎日計って、自分の生理~排卵の周期を記録。

体温は、高温期と低温期があって、周期的に上がったり下がったりします。

低温期にさらに下がった後、排卵するとのことなので、そのタイミングを狙いました。

排卵した卵子の寿命は、24時間くらいだそうです。

だから、月1回くるタイミングの時間って短いんですよね・・

排卵日に夫婦生活ができないすれ違い・・

あっこは、仲の良い女友達と月一で夜会う約束をしていて。

それが結構な確率で排卵日(と思われる日)に当たるんですよ。←そういう不運多いんです ^(´;ω;`)

会う日は、相手の都合に合わせて大体1か月前に決まっていて。

そういう日は排卵日でも出かけますよね?

出かけて帰宅してからだと夜遅くなるので、その日は夫婦生活ができず排卵日が過ぎてしまう・・・

何度か、

「妊娠出来なかったのは排卵日に出かけてて、夫婦生活が出来なかったからだ」

と、私のせいにされて、その度に夫婦げんかになりました。

悔しかったなぁ~

もちろん、あっこが出かけててタイミングがズレてしまったから、なんですが・・

でも、妊娠できないのがそれだけのせいにされるのが、本当にイヤでイヤで。

気持ちもすれ違っている気がして。

このままでは良くないとは思いつつ、タイミングを計る日々が続きました。

だから余計に時間がかかったのよね。。。

知らずに排卵日後に頑張ってました

じつは、排卵の時期というのを勘違いしていて・・・・・

排卵日を狙って、その後数日間に夫婦生活を頑張るってこと結構してました。

違うんです。

排卵日前じゃないとダメなんですよね。

排卵する卵子の寿命が24時間ってこと、当時知らなかった。

精子の寿命は、2~3日もあるそうです。もっと生きてる場合も。

卵子の寿命は短くて、精子の寿命は長い。

だから、精子がいる状態で、排卵することで授精する。それが、正しいタイミング法。

1年ほど無駄にしたかもしれません・・・

その後、正しいタイミング法をするようになりました。

でも、妊娠はしませんでした。

不妊治療クリニックの門を叩く

基礎体温を付け始めてから1年経ち、ケンカしつつもタイミング法を続けていました。

でも、その頃の私の気持ちに少し変化が生まれていました。

「これだけタイミングを計っても妊娠出来ないのは、他に原因があるんじゃないかな?

年齢も年齢だし、不妊の原因は女性だけにあるとは限らないみたいだし、一度検査してみたい」と。

夫婦の問題なのに私だけのせいになってしまうことが、どうしても納得出来なくて。

なので、休みを取ってして不妊治療のクリニックに行くことにしました。

最初から不妊治療するのではなく、色んな検査をして不妊の原因を特定したい。

その気持ちが先にありました。

でもその検査も、色んな種類があるし結果を聞くために何回も通院しなきゃいけないから、本当に不妊治療って大変!

派遣先の上司や同僚、派遣元の会社に伝えたりと準備もまた一苦労。

理解は得られても仕事に影響が出てしまうのは、本当に申し訳なかったなぁ。

でも、仕事より赤ちゃんを選ぶ気持ちの方が強かったの。だから通院も苦じゃなかったよ★

【妊娠するまでの道のり ①】女性の妊娠タイムリミットを甘く考えてました。

【妊娠するまでの道のり ②】タイミング法の連続失敗で夫婦崩壊!? ←今回

【妊娠するまでの道のり ③】不妊症の検査は、ある意味「保険」です。

【妊娠するまでの道のり ④】タイミング法~人工授精~そして妊娠へ

スポンサーリンク

ブログランキング参加中
↓応援のクリックうれしいです(^^♪

にほんブログ村 子育てブログへ

記事が面白かったらシェアしてね(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加