【妊娠するまでの道のり ④】タイミング法~人工授精~そして妊娠へ

妊活に、自分達独自のタイミング法で頑張っていた2人。

やり方を間違えていたのもあり、妊娠しませんでした。

【妊娠するまでの道のり ②】タイミング法の連続失敗で夫婦崩壊!?
不妊症専門クリニックでの不妊治療セミナーでの話を聞いて強く意識したのは、 「まだ自然妊娠の可能性はある」 ということでした。 ...

そして、不妊症の検査をしてみて、大きな問題はないと分かりました。

【妊娠するまでの道のり ③】不妊症の検査は、ある意味「保険」です。
妊娠するため、自分たちでタイミング法で頑張りましたが妊娠しませんでした。 当時38歳で、妊娠する年齢的には高年齢なこともあり、不妊の検...

夫婦で話し合い、もう1度タイミング法で頑張ってみました。今度は、独自ではありません!

スポンサーリンク

クリニック指導のタイミング法

検査をしながら通院していくうちに、先生からホルモンの働きや妊娠の流れを聞いたり、ネットで調べたりして、少しづつ仕組みが分かってきました。

月経が終わった後、卵巣の中の卵胞が徐々に大きくなります。約20~22mm程度になって、卵胞内にある卵子が成熟してくると黄体刺激ホルモンが分泌され、その刺激で排卵が起こるそうです。

クリニックでは尿検査でそのホルモンの状態が分かるので、「後どれぐらいで排卵が起こるのか」が分かります。

その分泌された黄体ホルモンが基礎体温を下げるので、排卵日は一番体温が低い日とされるそうです。

排卵された卵子はすぐに卵管にキャッチされて、既にそこまで到達している精子に出会い受精=妊娠となる。

排卵された卵子の寿命は24時間。

精子の寿命は2~3日、長くて5日ほどと言われました。そんなに長生きなんだ~~~

でも1回の射精で2億~5億個の精子がいるけど、卵子を待つ場所までの過程が壮絶でたどり着けるのはわずか数十~数百個と言われてます。

受精出来なかった場合は、12~16日程度で次の月経が始まるそう。

なので

  • 排卵日前に精子を送り込んでおいて(笑)排卵された卵子を待ち構える
  • 月経開始日予定日の2週間前位の日にちが、排卵が起こる可能性が高い
  • 基礎体温が低くなり始めた時に夫婦生活を頑張る

という指導がありました。

とっしがとても協力的だと話をすると、

「体温が低い時期に連続して頑張れば、質のいい精子が常に体内にいる状態なので受精する可能性が高くなる」と先生も言ってくれました。

その指導の下、年内は通院をお休みしてタイミング法で頑張ってみることにしました。

でも実際は・・・

基礎体温が不安定になり始め、グラフがガタガタに。

月経終わりにすぐ低くなったり高くなったり。

それでも何とか基礎体温低めの日を狙って、頑張りましたよ(笑)

人工授精

妊活をして2年、まだ妊娠出来なかった私。38歳。

「39歳までは妊活を頑張って、それでもダメなら後は自然に任せる」

という期限を決めていたので、1回は人工授精を試したい気持ちになっていました。

人工授精とは一番自然に近い方法で、

「運動性のある精子のみを抽出し、細いチューブを使って子宮腔内に入れる」方法。

1回あたりの受精率は約10%程度で、3~6回人工授精しても妊娠しなければ次のステップ(体外受精・顕微授精)に進むという流れのようでした。

費用としては保険適用外の為、人工授精だけだと22,000円かかるそうです。

排卵誘発剤を使って卵胞を成長させ、人工授精をする日を決めます。

その日の夫の精子の状態は、最初の検査の時に比べて運動率が低くなっていて(´;ω;`)でもその状態で人工授精を行いました。

その他の処置費用含めて、夫婦合わせて26,000円ほど掛かりました。

結果としては、妊娠には至りませんでした。。。

最後は、タイミング法・・1週間頑張った

人工授精を行ったのが2017年の2月。3月で生理が来てしまい落ち込む私。

2回目の人工授精をやるか悩みましたよ。もうすぐ期限を決めた39歳になるし。

でも正直、「排卵誘発剤」が合わなくて副作用(頭痛・吐き気)が強く出てしまい、生活・仕事に支障が出てしまったこともあり、怖くなってて。

2回目の話を切り出すことが出来ず、自然とタイミング法に戻りました。

しかも排卵誘発剤を使ったせいか、基礎体温もまたガタガタ(´;ω;`)

通院もしなかったので市販の【排卵チェッカー】を使って排卵予測を確認しつつ。

また月経予定日から逆算して、体温が低い日も高くなってからも、とにかく1週間頑張り続けました。

これが、自分で決めた期限前の最後の頑張る月になりました。

※下のハートマークが夫婦生活を頑張った日★

そしてついに!

5月の月経予定日になっても体温が下がらず。月経も来ない。

「いつもの月経前の様子と違う」と、とっしも言ってくれて、希望の光が差しました!

月経開始予定日から1週間後に妊娠検査薬を使うと、既定の時間を待たず【陽性反応】が!!!

39歳。ついに妊娠です!!

結局、

  • 不妊症の検査
  • クリニック指導のタイミング法 2周期
  • 人工授精 1周期

で、135,000円のお金がかかりました。

でも、妊娠のためならお金はいくらでも出す!ってなりますよね!(^^)!

妊活ってつらいです。

何がつらいって・・・チャンスは、およそ月に1回で、

「今回は、来るかな・・・」

という期待と不安。

そして、生理が来てしまい妊娠してなかったと分かる毎月のショック。

私たち夫婦は運が良かっただけです。早め早めの行動をおススメします。

【妊娠するまでの道のり ①】女性の妊娠タイムリミットを甘く考えてました。

【妊娠するまでの道のり ②】タイミング法の連続失敗で夫婦崩壊!?

【妊娠するまでの道のり ③】不妊症の検査は、ある意味「保険」です。

【妊娠するまでの道のり ④】タイミング法~人工授精~そして妊娠へ ←今回・完

スポンサーリンク

ブログランキング参加中
↓応援のクリックうれしいです(^^♪

にほんブログ村 子育てブログへ

記事が面白かったらシェアしてね(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加